運動不足解消ガイド TOP  >>  運動不足について 通勤で運動不足解消

通勤で運動不足解消

運動不足の解消を阻害するものとしてあげられるのは、期間がとれないことが最も多いようです。忙しいビジネスマンにとって仕事帰りに運動のための時間を作るのは、なかなか難しいことなのです。

しかし、通勤時間を上手に利用することで運動習慣を作る方法があります。運動の考え方と行動が変わることで、身体も変化してくるでしょう。

早起きで余裕をもつことはとても大切なことです。早起きした分自宅を出る時間も早めて、最寄り駅まで自転車やウォーキングすることがおすすめです。一駅分歩くだけで簡単にウォーキング運動ができます。

歩数計を用意すると効果を実感することができるし、目に見えることで目標も設定しやすくなり、モチベーションを持続させることができます。仕事前に身体を動かすと、脳の活性化につながり、仕事の効率もあがります。

身動きができないくらいの満員電車でない限り、電車の中でも運動することが可能です。電車内ではつり革につかまりながら軽くつま先を上げる運動を行いましょう。1セット10回として2〜3セット行うことでふくらはぎの簡単なトレーニングになります。

身体を引き寄せるようにつり革を持って行うと、腕や肩なども同時に鍛えることができます。足のむくみ対策としてもおすすめです。

階段を上ると足が引き締まっていきます。駅ではエスカレーターではなく積極的に階段を使うようにしましょう。階段を上る時に、ステップを踏み外さないように注意して一段飛ばしながら軽快に上っていくと運動強度が高くなります。重要となるのは、使っている筋肉をしっかり意識することです。