運動不足解消ガイド TOP  >>  運動不足と病気 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病は、かつて加齢によって引き起こされる成人病と言われていましたが、発症の原因が日常生活の中にあることから現在では生活習慣病と呼ばれています。そのため、生活習慣病は中高年だけでなく、子どもも含めて一生涯にわたって気を付けていくべき病気です。

生活習慣病の発症や進行には、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒といった生活習慣が関係しています。生活習慣病の中には糖尿病、高血圧症、肥満、高脂血症、高尿酸血症、循環器疾患、大腸癌、肺気腫、アルコール性肝障害、骨粗髪症などが含まれています。

人間が生活していくと、その生活環境や生活習慣、社会環境などの様々なものが、それぞれの個人の体に影響を及ぼすようになります。これらに遺伝的要因や加齢に伴う老化現象が加わると、知らないうちに私たちの体はむしばまれていきます。

このように生活習慣病は、個人個人の習慣が原因となって引き起こされるものですが、病気の発症と進行に影響を及ぼしてしまう生活習慣の主なものとして、食習慣、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒があげられます。

これらは、生活習慣病の発症と進行に大きく関わっています。栄養バランスのよくない食事や不規則な生活、運動不足、ストレス、たばこ、アルコールなどは常に生活習慣病を隣合わせであることを忘れてはいけません。

生活習慣病は主に30〜40歳代に急増しているようですが、最近では発症年齢が低下していて、若年層や子どもたちにまで見られるようになってきたと言われています。そのため自分の食生活や運動習慣について見直してみる必要があります。


アレグラ 効能
アレグラの効能なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ビジネス英語はマンツーマンレッスンで!
http://www.hotelrhodes.net/