運動不足解消ガイド TOP  >>  運動不足と病気 骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症は骨の密度が低くなって、骨折しやすくなる病気です。年齢とともに起こりやすくなる病気ですが、20代や30代の若い世代でも食生活の偏りや運動不足などが原因となって引き起こされることが多くなってきています。

骨粗しょう症になると骨の内部がスポンジのようにスカスカな状態になってしまいます。人間の骨は常に新陳代謝が繰り返されていますが、カルシウムが不足したりカルシウムの調整機能が衰えたりすることで新しく作られる骨の量が減ってしまいます。

骨粗しょう症の特徴としては背骨から起こることが多く、重い物を持ったり姿勢が悪くなったりすると徐々に背骨がスカスカになって潰れていきます。加齢とともに身長が縮んだり腰が曲がってしまうのは骨粗しょう症が原因となっています。

高齢者の骨粗しょう症は、些細な衝撃でも骨折しやすくなり、足の太い骨を骨折してしまうとそのまま寝たきりの状態になることもあります。

骨粗しょう症の原因として考えられるのは、カルシウム不足と運動不足です。骨や筋肉を維持していくためには、運動をして体に刺激を与えることが不可欠となります。また、運動不足によって肥満となっている場合は、その分骨に負担が掛かってしまうため骨折の危険性も高くなります。

骨が細く痩せすぎの人や無理なダイエットで骨密度が低下している場合、胃腸が弱くてカルシウムの吸収が悪い場合、飲酒や喫煙習慣も骨粗しょう症の原因となってしまいます。一般的に骨密度が70パーセント未満の場合を骨粗しょう症といいます。


ホイールアライメントが調整
について

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!