運動不足解消ガイド TOP  >>  運動で得られる効果 アンチエイジング効果

アンチエイジング効果

運動はアンチエイジングにつながります。加齢とともに体力が落ちていってしまうのが普通ですが、体力が落ちてしまう原因には年齢以外に筋力低下が考えられます。筋肉が落ちてしまうと動けなくなり、ますます筋肉が落ちてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

筋肉が落ちてしまうことによって、ホルモン分泌や基礎代謝量の低下が見られ、老化が進んでいくことになります。しかし筋肉は年齢と関係なく、鍛えようとすれば新たに筋肉をつけて筋力アップすることが可能です。そのため、筋力を落とさないように毎日運動することはアンチエイジングの重要な要素であるということができます。

運動をすると、人の体内には成長ホルモンが分泌されるようになります。成長ホルモンは、若返りホルモンとも呼ばれていて、人間の老化を防止するうえでとても重要なホルモンなのです。

体は老化することで皮膚の潤いを失い、筋肉量が減って余分な脂肪が付くようになって、見た目にも大きな変化があらわれてしまいます。成長ホルモンにはこの老化に対してブレーキをかけてくれる作用があると言われています。

ただし運動をすることで完全に老化をくい止める事はできません。しかし運動習慣がある人はたいてい若く見え、生き生きしていることが多いので、運動によるアンチエイジング効果は大きいものであると考えられます。

成長ホルモンの分泌量は様々な運動によって増加させることが可能ですが、特に効果的なのは筋力トレーニングです。若さを保つために積極的に筋力トレーニングを取り入れることをおすすめします。


ランタス 使い方
ランタスの使い方なら医療関係者向けの製品情報サイトで!