運動不足解消ガイド TOP  >>  運動不足解消法 プール

プール

ウォーキングや自転車は、気温や日焼けを気にしてしまうと、なかなか続かなかったりします。そこでおすすめなのがプールでの運動です。水中歩行や力が入りすぎない水泳することで運動不足を解消することができます。

水泳は上手な息継ぎができるようになると、全身の筋肉を効率よく使う有酸素運動となります。また、浮力がかかるので陸上でのウォーキングよりも脊椎や足、膝、大腿の関節にかかる負担も少なくなります。

水泳は特に水平位で運動するために、脊椎に重力がかかることなく筋肉を鍛えることができる唯一の運動法です。水圧によって静脈の戻りが良くなり、自然に複式呼吸となるため心肺機能も向上します。

水の抵抗によって、同じ運動でも陸上で行うより大きなエネルギーが消費されます。水温が気温より低いことから血管が収縮して、体温が低下しないようにエネルギー消費量が増えて新陳代謝が活発になります。

水中での運動を続けていくと体温調節機能が強化されるので、免疫機能が良くなり風邪を引きにくくなると言われています。水泳の中では、クロールが一番効率が良く疲れにくいため無理なく継続することができます。

プールでの運動は、週に2〜3回以上を目安に自分のペースで45〜60分程度行うと運動不足を解消することができます。

プールでの運動は足や膝に障害がある方や肥満気味の方の運動不足解消やリハビリに最適です。水中では体重が軽くなるので、下肢にかかる衝撃が大幅に軽減されます。水中ウォーキングは、怪我や故障の心配をせず行える運動といわれていて、妊娠されている方や高齢者の運動不足解消にも効果的です。


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!